GALERIE VIE ハイネックニット,
snidel ボレロニットタンクSET DBRW,
j0nnlynx ニット,

MARNI 19SS ニットカーディガン 【60%OFF】

MARNI 19SS ニットカーディガン
マルニのカーディガンです。 フロントにリボンがついており結んで着用することも可能です。 アシンメトリーなデザインで可愛いです。 サイズは40でウール95%、コットン5%です。 全体的に毛玉が見受けられます。 寸法 肩幅61cm 袖丈51cm 身幅57cm 着丈53cm (素人採寸のため多少の誤差はご了承ください。) 中古品になりますので、NCNRでお願い致します。 何かご質問ございましたらお気軽にどうぞ。 何卒よろしくお願い致します。
商品の情報
カテゴリー:レディース>トップス>ニット/セーター>
商品のサイズ:やや傷や汚れあり
商品のサイズ:S
ブランド:マルニ
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:S
発送までの日数:2~3日で発送

MARNI ニットカーディガン 19SS ニット/セーター 【60%OFF】

MARNI ニットカーディガン 19SS ニット/セーター 【60%OFF】

MARNI ニットカーディガン 19SS ニット/セーター 【60%OFF】

  • 5.00

    ユーモラスな映画

    jj

    ジョークというかユーモアというか、観客を飽きさせない工夫が盛りだくさんだった。だからサブプライムの題材がわからない人でも普通にたのしめるかもしれない。補償はできないけど。

  • 1.00

    Myマネーがショートした

    GP-jr

    当時、Nスぺの特集や新聞で、破綻原理は分かっていたので、特に驚きも何も無かった。分かったのは、この映画に殆ど金が掛かっていないだろう事と、昔のアメリカ映画に比べ、面白い映画が少なくなったと感じること。アバター、ダークナイト、アイアンマン、スパイダーマンの方を見た方が良かったかもしれない。

  • 4.00

    映画自体はとてもいいが、邦題が大問題

    アマゾン大

    原題: The Big Short確かにユーモアで、コメディーではありますが、どっちかといいますとブラックユーモア成分が多く、話の軸自体もかなりシリアスで、結末もシリアスで、”華麗なる大逆転”というのはイメージ違いにもほどがあります、邦題決める人ちゃんと映画見てた?また、マネー・ショートってなに、マネという通貨をショートしたのか?邦題決める人自分なに書いたか説明できる?邦題はさておき、翻訳もしばしば間違ったりニュアンス違ったりしますが、映画自体はとても良いもので、強くお勧めさせていただきます。また、事前に金融知識のない心配の方へ、本作は実際金融知識がまったくなくても楽しめます。劇中の美人名俳優の説明パートをそのままの意味で理解しておけば良いです。自分で調べても結局最後に辿り着くのもあのイメージですがので、金融に興味のない方は余計な調べをせずそのままご覧ください。

  • 1.00

    まとまりのない内容

    qaay1

    結局、何が言いたかったのかが良く分からない作品金融危機に至る過程の描写は良いが、登場人物がイチイチ説明する流れがうっとうしい。 実際に有った話をミュージカル調にされると嘘っぽくなる。

  • 4.00

    金のことだけを考えているプロに一般生活をしてる人間が勝てる余地など無い。

    アマゾンケース

    サブプライムローンについては、住宅ローンを抱き合わせで証券化して売りまくってたらそれが焦げ付いて破綻したくらいの認識だったので、たぶん映画の1割も内容を理解できなかった。映画の中で「俺は家賃を払っているんだぞ」という男性が印象的だった。この人をバカだな~とはとても思えなかった。こんなの一般市民に見破れるわけがない。超頭の良い、儲けることだけを考えている金のプロたちが総出で作り上げた砂上の楼閣をどうやって見破れるというのか。一人二人のペテン師が仕掛けた詐欺とはレベルが違い過ぎる。こういう映画を見ると真面目に働くほうが自分には精神的に合っているんだろうな、と思ってしまう。タイトルの「マネー・ショート」はまだわかるが、映画を見終わると、華麗なる大逆転はあまりに映画の趣旨から離れすぎている気がした。商業的なことを考えると邦題の付け方は難しい。

  • 5.00

    低所得者は常に見捨てられるのです

    ミキモト

    元神経科医で投資会社の経営者マイケル、ヘッジファンド経営者のマーク、若き銀行家のジャレット、元銀行家で現在はナチュラリストのベン、彼らは同時期に当時のトレンド金融商品に、サブプライムローンが含まれていることに気づきました。これが不良債権化すれば世界の金融市場どころか世界経済が終わります。マイケルは世界経済の危機を利用して稼ぐことを思い付きます。彼はサブプライムローン市場が破綻した際の保険サービスをあちこちで買い漁りました。破綻するなんてありえないと思っていた銀行は、マイケルの提案に従って売りました。銀行家のジャレットは同僚と一緒にサブプライムローンについて調べ始めます。銀行の行員たちは審査なしで低所得者層に複数のローンを組ませていました。自身の実績とボーナス査定のためです。住宅ローンの崩壊など信じられなかったマークもCDSと呼ばれる商品を購入しました。元銀行家のベンの元に若者たちがやって来ます。彼らも繊維ではありますが経営者で、共にラスベガスへ向かい、サービスの購入に成功しました。結局CDSの意味するものは経済の破綻です。史実通りにサブプライムローンは崩壊し、平民たちは家を奪われ、テント暮らしやホームレスになりました。移民出身の家族はやっと持てた資産を手放し、そこで手にしたコミュニティも失くします。彼らは真面目に働いていましたが知識と判断ミスで全て失い、諸悪の根元は変わらず税金で保護され、平穏に暮らしています。とにかくエンディングが悲しかったです。

  • 4.00

    悪名高いリーマン・ショック(の背景)を見抜いて、いわゆる逆張りしていた人たちのお話

    World Outside

    他の方のレビューにもあるように、原作本があるようです(『世紀の空売り』、文春文庫)。それを読んで予備知識がないと厳しいという指摘もあります。身近な例で比喩を用いて、手を変え品を変え解説ゼリフも多用されているのですが、字幕にかじりついて読まないといけない感じで、たしかに、吹替版のほうが楽かもしれません。逆説的なのですが、この映画で指弾されている金融畑の人たちじゃないと真の含意はわからないかもしれませんね。アイロニックですな。邦題も、多義的な言葉が選ばれていて、苦心の跡(?)が窺えます。パッと見、自営業の人なら、直訳では、資金繰りがショートするって文脈を連想しそうです。副題の「華麗なる大逆転」とくれば、ベンチャー企業が頑張った話か?などとミスリードされそうですらある。売れるようにするには、原題のThe Big Short じゃ駄目だという判断だったのですかね。ショート≒空売りを反映している書籍の「世紀の空売り」は物凄く適切なのに。転用させてもらえなかったのは、著作権絡みかな(苦笑)。だとすると(仮)、日本の世知辛い一面ですね。これまでにも批判されつくされた一般論ですが、世にも酷い話の総括です。アメリカの住宅市場で支払い能力がない人にまでバンバン貸し付けていたサブプライムローンは無審査だったとか、そこから証券化されて売られたモーゲージ(辞書にも普通に載ってますが、抵当権)債は進化した抵当詐欺だったとか(しかも派生商品が多数ある)、世界経済破綻にまで波及したのに、その根幹はあまりにもお粗末な実態の無視、無責任から来ていたということを映像化しています。要するに、世界経済の中枢を馬鹿に牛耳らせてはいけないという警句なのですが、2015年から看板を架け替えた金融商品がまた売られだしている(!)そうで。エンドロールでLed Zeppelinの『When The Levee Breaks』の不穏なリフが流れ出したときには、しびれました。堤防決壊がまた訪れるかもしれないという神秘主義的な(バンドの性質の援用だけど)示唆があって。儲かっても、最後に主人公たちが物凄く虚しそうで、観ている自分は儲かってないのに、モラルとして気持ちがわかりました。概算で800万人が失業して600万人が家を失ったというテロップが出てきます。国家(証取委)や格付機関や証券会社や(投資)銀行の連帯した虚言の帰結を当ててしまった「勝利」だったわけですから。主人公たちが儲けたことを非難することは可能なのですが、上述の業界人総体における思考停止のほうがやはり罪深い気がします。根拠ある数字に基づかないと資本主義の市場は保たれないはずなのに、金融制度の中枢に居る人間が率先してモラルを売り渡して市場を操作している。じゃあ、彼らの申告している「儲け」は一体なんなのか?アダム・スミスもクソもありませんよ。どこに神の見えざる手が機能したんですかっていうね。僕ら庶民が、金融システム全体を嫌いになるための映画です(笑)。オススメします。ただし特にこの場合、反転して庶民からは離れますが、巨額投資家の皆さんにも(上記業界人の虚言に騙されず、まともな投資をしていただきたく)是非観ていただきたいところです。

  • 5.00

    面白かった。

    ハッピー♪

    逆張りで大儲けした話だが、あのリーマンショックが起こるまで何が起きたのかが描かれている。経済用語やたら出てくるのですが、事前に勉強しておくか知らない単語が出たらネットで調べることオススメしておく。映画の中でもわかりやすく説明があったりするが、全部の単語が説明されてるわけではない。リーマンショックとはなんぞ?とネットで調べてから映画見るのをオススメする。またこれからトレーダーになろうとする人なんかも見ておいたほうが良いと思う。本質を見抜くというのはとても大事なこと、周りになんとなく流されるのが一番良くないのが学べる。

  • 4.00

    札束で積み上げられた壁(ウォール街)が崩れるまでなにがあったのか……?

    Movie stalker

    この映画、正直ある程度経済に詳しくないとわからないと思います。私も正直詳しいわけではありませんが、以下に要点をまとめます。----------------------------------------------①住宅価格が上がる(※予定)のローンを発明したよ!みんなどんどん買ってね☆②低所得層向けのサブプライムローンを作ったよ!みんなどんどん買ってね☆③サブプライムローンを証券化して金融機関に売っちゃうよ!みんなどんどん買ってね☆④格付け会社いわくサブプライムローンは安心、安全!(※大嘘)みんなどんどん買ってね☆⑤住宅価格が上がらないの!サブプライムロ-ンの信用が下がっちゃった!/(^o^)\---------------------------------------------- まあ①~④まで知ってて売ってたやからがいた訳で……。それを事前に察知した連中がマネー・ショートの登場人物な訳ですね。私もリーマンショックの時には働いていたのでよく覚えてますが、アメリカで起こった出来事が世界中に波及するんですから恐ろしいものですね……。

  • 5.00

    得るべくして得たリターン、そして失うものも大きかった、のかな。

    hinin

    繰り返し見てとりあえず感想は、主人公達はタイトルみたいに「華麗なる」とはとてもかけ離れてると思った。CDSを銀行に作らせて資金の大半を保険にかけて、2年間周囲から罵声、非難を浴びて、市場の詐欺的行為に発狂してそれでも自分を信じて多額の追証を払いながら耐え続けてようやく得たリターン。私はまだ何がわからないのかわからないのでまだ見直します。

MARNI ニットカーディガン 19SS ニット/セーター 【60%OFF】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

MARNI ニットカーディガン 19SS ニット/セーター 【60%OFF】

  1. ホーム
  2. ニット/セーター
  3. MARNI ニットカーディガン 19SS

名古屋ものづくりワールドへ出展します!

4月13日から”ポートメッセなごや”で開催されます「名古屋ものづくりワールド2022」へ当社のブースを出展します!

当社ブースは「第7回名古屋機械要素技術展」内にありますので、是非お越しください!!

会 期 : 2022年 4月13日(水)~15日(金)10:00~17:00
会 場 : ポートメッセなごや