新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

エポカスーツ,
m-1757✩.*˚ Lelian 未使用品 フォーマルワンピーススーツセット,
専用Leilian ツイード スーツ セットアップ 日本製 イタリア生地,
新品 高品質 フォーマル パンツ スーツ セット ブラックベージュ  しっかり,

SHOP

-店舗情報-

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル 希少 黒入荷!

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル
取り外しのできるウエストのリボンがとっても可愛いポイントの、華やかなイベントにマルチに活躍するカラーフォーマルスーツです。 ジャケットはクラシカルでシンプルなノーカラーを採用し、フック式ですっきりとまとまった印象を目指しました。取り外しができる飾りリボンをウエストマークすれば一層エレガントな仕上がりになります。 素材に織り込まれたラメがさり気ない光沢感を加え、結婚式等にもぴったり♪ 8分丈の袖は袖口にタックを取っているので、とっても可愛らしく、夏も着用出来るようにしました。 ワンピースはウエストをグログランテープでマークし、スカート部分はすっきりとしたティアードデザインでふんわりとエレガントに広がった「淑女」なシルエット。 軽やかで上質なシフォン素材を使用し、女性らしい可愛らしさをアピールできます。 ◯サイズ11号 ジャケット B97W83肩幅38袖丈48.5袖口27.2着丈45.5 ワンピース B93W84H99肩幅35.5袖丈19.5袖口36.5着丈86.5 【素材】 ポリエステル100% 【裏地】 あり、0Pのみ袖裏地なし 【肩パット】 あり(3mm) 定価 16500円 現行販売品で、ブラックは売り切れですので、お探しの方ぜひ^_^ 11号はLサイズ相当ですが、わりとタイトめなお作りかとおもいますので、M〜Lサイズくらいの方向けかと思います。返品はお受けできませんので、表記サイズをご参考にしてください。 ※新品未使用タグ付きですが、あくまでも人の手に渡った物ですので、完璧を求める方、細かい事が気になる方はご遠慮ください。 ※発送の際のたたみシワは、ご了承ください。 ご了承頂ける方のみよろしくお願い致します。 マザースーツ ママスーツ 入学式 入園式 謝恩会 学校行事 セレモニー 卒業式 卒園式 結婚式 二次会 謝恩会 パーティ 七五三 参観日 お宮参り 前撮り 慶事に最適 30代 20代 40代 百貨店 ブランド 通年 オールシーズン フェミニン エレガント フォーマル カラーフォーマル ミセス ミッシー スーツ アンサンブル ジャケット ワンピース ドレス ラメ リボン アナイ 自由区 フォクシー セオリー アンタイトル 23区 リフレクト エムズセレクト エムプルミエ スーパービューティー
商品の情報
カテゴリー:レディース>スーツ/フォーマル/ドレス>スカートスーツ上下>
商品のサイズ:新品、未使用
商品のサイズ:L
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
発送元の地域:L
発送までの日数:1~2日で発送

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

  • 5.00

    エグいが面白い!

    赤運太郎

    ゴブリン退治に執念を燃す男と彼に救われた女性神官の話。敵は魔王や魔神ではなく、雑魚でありながら駆出しの冒険者や一般人にとっての脅威であるゴブリン。主人公も英雄ではなく並の戦士で、ファンタジー作品では最弱の部類。その彼が知識と戦術を用いて敵に勝つ、害獣駆除的戦いと復讐をテーマにした内容が斬新!一話目は新米冒険者が殺されたり、女性が襲われるショッキングなシーンが多いですが、独特の世界観とキャラが魅力的で惹き込まれました。なおSFチックな機械は一切登場せず、目玉の怪物「ビホルダー」との戦闘、主人公の愛称など、往年のRPGファンは思わずニヤリの設定も。ただ演出に時々癖があったり、牛飼い娘のお色気シーンにイラッ!偏執狂の主人公が女性にモテモテで、一部のキャラが他作品そっくりなのもやり過ぎだと思います。ハッキリ言ってこの作品に萌要素は不要、もっと硬派でも良いぐらい。ところで、この作品では一切キャラに名前がありませんが、そういう世界設定なのか意図的に呼ばないのか謎です…流血とエグい話は苦手だが面白い、2期が楽しみ!

  • 5.00

    骨太。

    コーキ

    またライトノベルのファンタジーものアニメね・・・。と適当に時間潰し目的で視聴したのですが、久しぶりに大きく期待を裏切ってもらった。良い意味で。「ダンまち」とは方向性がある意味真逆な面白さというのか、なんと表現すべきなのか。ヒーローではない。英雄譚ではない。しかし個人的には深く納得できる内容だ。テーマとしてRPG的ファンタジーを確かに、ある意味真剣に考えた時、何がもっとも怖ろしいか。これはそれの一つの回答か。一般市民といえる人々にとって最も怖いのは、稀に現れる凶悪なトロールでもなく、伝説に言われるような凶悪なドラゴンでもなく、日常と隣り合わせに居続ける、「ゴブリン(雑魚モンスター)」。それらは雑魚(弱者)であるがゆえに群れ、知性が低い故に容赦がなく、臆病ゆえに厄介な存在なのだ。第一話は、それを顕著に表現した話と見れば、素晴らしい。そこから始まるからこそ、先のストーリーにも「ゴブリンの怖さ」に実質的な恐怖感がつきまとう。よくゲームなどでは、低レベルの訓練程度に考えられるゴブリン。しかし弱く、知性が低く、臆病であるがゆえ、その嗜虐性には容赦がない。考えてみれば当然だ。やってくる「狩人」達はそれほど強くなく、最初に負けても、生きていれば恨みを忘れず、今度は「狩る」側になる。徒党を組み、数にまかせて、有利であれば抜け目なく、狂乱に任せて慈悲も躊躇もなく欲望のまま蹂躙する。し続ける。襲う対象が弱ければ、それはさらに顕著になる。生き物である以上、そして「ゴブリン」という生物の性質を考えるなら、これは当たり前なのだ。しかし、強者はゴブリンを相手にしない。その手の稼業でなら、金にならないからだ。だから一般人(村人など)にとっては、なかなか排除してもらえない、確実な脅威なのだ。また時に侮り、強者は雑魚であるはずのゴブリンに足元をすくわれ全てを奪われる。強者が自分たちを舐めている事を、低い知性でも理解しているのだ。リアルだ。この主人公のような存在は、必要だ。人々にとっては英雄よりも彼のほうが。確かな腕と経験があり、また侮ることなど一切なく、冷淡にただひたすら、「ゴブリンを狩り殺す。皆殺す。」存在が。彼を知る者を除き、賞賛も尊敬もない。そして人としてのタガが外れている。でもそんな彼だからこそ、必要なのだ。そんな彼に救いの時はやってくるのだろうか。原作をいちいち読む気はないが、彼とその仲間であることを選んだ者達の行く末に興味が尽きない。補足)現在、原作を舐めるように読んでる。ラノベながら、文章に韻があり、拘りがあり、読むこと自体が楽しい。エグイ描写ももちろん、もっとエグイけども。そしてコミック版もスバラシイ。多分アニメより。全部買ってドラマCDまで買って聞いている。ここまで面白いと思うようになるとは、上記のコメント書いた時でも予想しなかった・・・w

  • 5.00

    この作品は過激なカチカチ山

    伽藍

    そう例えるのが最も手っ取り早い気がします。ゴブリンはタヌキです。ゴブリンスレイヤーはウサギです。ウサギは自分を育み愛してくれたおじいさんとおばあさん(姉)の敵を討つため立ち上がります。タヌキなんてそこらにいます。熊より弱いです。でも、それが自分達にとって脅威にならない証左にはならないのです。近年、カチカチ山でタヌキがおばあさんを汁物にしておじいさんに食べさせるという描写が残虐であるとして記載しない事があるそうです。そうなると、ウサギのタヌキへの報復行動が過剰な物として映りウサギの過激さだけが際立つという現象が起きるそうです。この作品ではゴブリンスレイヤーのゴブリンへの徹底的な討伐方法と、ゴブリンの残虐さ(特に女性の扱い)に目を見張る事になります。ゴブリンスレイヤーこそが異質で残酷にさえ見える程の描写と戦術は、ゴブリンの生命力・繁殖力・決して侮る事は出来ないずる賢さを視聴者に伝える為でもあります。最終回でも少し語られますが、勇者は世界を救いますが一つ一つの村まで救えないのです。村よりも世界を優先しなければならないのが勇者なのでしょう。その他の冒険者にしても、ゴブリンよりも強大で凶悪な魔物がいるならそちらの討伐に集中してしまいます。なおかつ、ゴブリンは一匹なら村人でも追い払う事は容易く、知恵をつけ統率された群れの脅威が知られていない事も相まって軽んじられる存在です。ゴブリンの群れとドラゴン。どちらが人々にとって脅威を感じるかといえばドラゴンではないでしょうか?この辺り、自動車事故と飛行機事故ならば飛行機事故の方が遭遇する確率が低いのに、人々が飛行機事故に遭う事を恐れるのに似ている気もします。ギルドでも依頼の中継をするだけで基本、情報の共有や若手の育成などが出来ていません。金のない依頼主に応えてくれるのもまた金のない駆け出しの冒険者であり、言い方は悪いですが「自己責任」の言葉の元、押しつけざるを得ないのでしょう。冒険者の育成や教育の出来ない中、下手に知識を与えて依頼を断られては困るでしょうから。この辺りは作品世界において今後変わっていく予感がします。そんな中ゴブリンスレイヤーはゴブリンの脅威を忘れる事なく骨身に刻み、ゴブリンに特化した冒険者・・・いえ、スレイヤーになります。ゴブリンの討伐こそが全てで、それ故世界よりも村を優先します。それがこの作品の特色です。彼は世界を救わない。世界を動かさない。恵まれた体躯がある訳でも特殊な能力がある訳でも特別な立場である訳でもありません。ひたすら泥臭く地道にゴブリンの情報を集め考え考え考え抜いて知略を巡らし倒し続ける。無骨で愚直で時に病的なまでに誠実な主人公の元に仲間が集ってくる。そんな物語です。最後まで見て欲しい作品です。

  • 4.00

    勧善懲悪、英雄冒険者譚ばかりに毒されとるね

    ゲーム好きおやじ

    アニメに限らず戦争映画等でも残虐シーンを好まない人が大勢いるのはわかるが、ここのレビュアーは特にひどいな。ホラーやスプラッターが嫌いな人が知らずに見て引く。というのはたまに見るけど。低評価のレビューそれじゃないか。本来想像の世界の想像の生物なのに残酷いやーとか強いのか弱いのかわかないとか、謎レビューばっかり。冒険者の経験値になるようなモンスターの表現しか思考にないのだろうか・・・。現実世界の残虐シーンは理解できてもファンタジーの残虐シーンは理解できないとか、想像力なさすぎる。リアリティ追求したい人がファンタジーアニメみるのも意味が分からん。少なくとも酷評レビューとかやめなされ。

  • 4.00

    テ○キッ!!(バイオ4空耳\(^o^)/)

    rdy

    まぁなかなかおもしろく、そしてそれなりにおもしろかった、、みたまんまのストーリーもおもしろかったけど、ちょっと気になったのは、口数(内省とかw)おおくて説明的で学識ぶってる感じがするかなぁ…、w、、それとこの作品がつまんない人は多分「グリーンホーネット」みてみるといいんじゃないかなぁ・・・、一例だが、、、

  • 2.00

    出落ちアニメ。1話がピーク(?)。ダークファンタジーとして浅い

    kenzo

    1話で容赦なくモブキャラが陵辱されるシーンしか見どころ(といえるもの)が無い。過激な描写をして、その話題性で引っ張っているだけ。R指定にしないとダメだろう。人間が過酷な目に遭う描写は1話だけで、主人公とその仲間は一切暴行されない。ご都合主義すぎる。某ダークファンタジーマンガとかは主人公サイドの人間も酷い目に遭っていた。主人公サイドのキャラが死なない、酷い目に遭わないのが確定しているので、「リアリティがある」とは呼べない。某掲示板の書き込みから発祥した作品で、設定に無理・矛盾がある。ゴブリンは雑魚と認識されているのに、未熟な冒険者が返り討ちに遭う。ならばそれ以降、警戒される存在になるはずが、一向に情報が更新されず雑魚扱いし、やられる冒険者たち。いくら中世ファンタジー世界と言えど、情報共有がなってなさすぎる。全滅した、死人が出たなら脅威度が高いと認知されなければおかしい。ギルドがそういう風に情報を改ざんし、冒険者の犠牲が出るように仕向けるといったストーリーでもない。相手を「プリースト」「ゴブリンスレイヤー」など職業名や二つ名や種族名で呼ぶのも非常に違和感を覚える。この世界の人間は不便だと思わないのだろうか?職業名なんて同じ職業の人が来たら被って不便でしょうがない。本名はNGでもせめてコードネームだろう。極めつけに、町の人やギルドの受付にすら名前がない。個人名で呼称しない。冒頭に書いた通り、過激な描写(女性の陵辱)で(男性)視聴者を引きつけているだけで、ストーリーに何の深みもない。ゴブリンらの巣窟を抜け、街に帰ったら民がのほほんとしている。いつ来るかわからない外敵におびえていたりするのが普通だろう。しょっちゅう襲われるから放棄した村の廃墟や家具で荒廃を描写するとか、厳しい世界観を示すものが(最初の)女性の陵辱以外無い。浅い。なんかリアリティがあるとか、ダークファンタジーだとかのレビューが多いが、それは無い。なぜなら、文庫本の表紙で女性キャラクターの大きな胸を強調している巻が多いから。ダークファンタジーにもリアリティにもそれらは不要。というか現実であり得ないくらいでかい胸のキャラがいるんだが。結局、陵辱など過激なシーンで釣っているだけに過ぎない。所詮掲示板書き込みを商業化しただけの浅い作品。

  • 5.00

    終わり方が最高。安易に見切らず最終回まで観てみるべし。

    祐司

    「ゴブリンなど雑魚にすぎん。雑兵にすぎん。来ればいつでも追い払える」と誰もが思っている世界で、ただひとり過去のトラウマから奴らの真の怖さを知っている主人公は、周りから見れば「ちょっと神経質すぎない?ビビりすぎでしょ」と思われるくらいにゴブリンに対して強い警戒心を持ち、策を練り、殺す術を身に着け鍛えながらゴブリン退治の依頼のみを受けて生活していた。およそ人間らしい感情といったものをほとんど置き去りにするほどには、それに没頭していたのだった。しかし、一人の女神官との出逢いをきっかけに彼は他者との関りを持ち、ゴブリン退治を手伝ってもらったり、時には談笑に巻き込まれたりして、少しずつ少しずつ人間らしい言動を取り戻していく。そんなある日、ついに、街の冒険者の誰もがゴブリンの怖さをの片りんを知るきっかけとなるような出来事が――-------------------------------------------------------------------以上、あらすじです。  最初は、派手なバトルもないし主人公の設定がすこし奇抜さで描写がエグめなだけの平凡なB級作品くらいに思って観ていましたが、終盤の盛り上がらせ方が非常に上手くて、持っていかれました。ゴブリンを狩っていくだけの単調な繰り返しかと思いきや、ちゃんと起承転結があります。今までの狩りも、過去のトラウマも、仲間との関わりも、すべてがちゃんと最後に結ばれます。   途中で切ってしまっている人は非常にもったいない!自分も途中で別に観なくてもいいやつかなという気分になってしまった人間ですが、だからこそ言わせてもらいます…ぜひ最後まで観てほしい!観た方がいい!12話からの盛り上がり、最高です。実は結構熱くて、泣けて、ワクワクするような作品に仕上がっています。-------------------------------------------------------------------※それと最後に付け加えておきますが…このアニメにおいてゴブリンが女性をなぶっているシーンを観て勃起する男性視聴者は確実に希少種です。作者の性癖がどうだとか、こんなのを観るやつはとか言っている方々はご安心を。別に女性蔑視とか差別助長とかの意図も、そういった実際的効果も有りはしないでしょう。アニメの中での出来事など時が経てば皆忘れてしまうことです。実際の事件でもそうですが。ああいった残虐描写や凌辱描写は、「知恵はあっても知能が低く『モラル』という感覚を持ち合わせない動物であるなら、繁殖や愉悦のために村を皆殺しにしたりメスを孕み袋として扱ったりするだろう」という描写にすぎません。二次元の空想の世界だからこそ、どんな奇抜な設定でも「もしこうならこうなるんじゃないか」と予想し描くことができる部分であり、これがアニメというものの醍醐味・存在意義です。たとえば本作の中で、『さぁ皆も女を犯そう!服をひん剥いてやろう!』というメッセージは出てきますか?出てきません。むしろ憎悪すべき対象として描かれているじゃありませんか。「胸糞悪い」と思うことは正常です。むしろそう思って、生存欲求や恐怖心や殺意といったものを燃え上がらせることができなければ、登場人物たちもこの世界のなかで実際に命をもって生きているんだという感慨を得ることはできませんから、たいして感動もしないでしょう。ああいった光景を見て「ゴブリンどもめ、殺してやる!!」と思わなくてどうしますか。心というのはそうやって感じて、自覚して、整理して、それではじめて育っていくものですよ。そして、そういった黒い感情を覚えることで、自分も動物なんだということを思い出してください。どれほど脳が発達しても、どれほど書物を読んで高尚な言葉を並べても、我々は動物です。はなから有性動物に他なりません。食欲も支配欲も闘争心も性欲(種付け欲・受精欲)も、人間には自然に有ります。無い方が不自然です。それ自体は悪しきものではない。自然に持っているものだからこそ、我々も、もし学ぶことや考えることをやめ、知能を育て人格を養うことをしなかったなら、あらゆる意味でゴブリンどもと同じになってしまうでしょう。現にそういう人間もなかには居るじゃありませんか。そういった教訓として自分の肥やしにすることもできるでしょう。それに、そもそも騒がれているほどエグくもないですし。アニメにも実写の邦画にも、本作よりもっと露骨にエグくてキツいのが沢山あります。描写が過激だ不潔だとそればかりに注視せず、全てを物語の味として感じ取れると、いろいろなものを素直に楽しめるようになると思いますよ。

  • 5.00

    剣と魔法のファンタジーは、勇者と魔王だけで成立している訳では無い

    中西 亮

    ダークファンタジーというと、ついベルセルクやらヘルシングやらを連想するとは思う。かの主人公たちは使徒やら吸血鬼やら天使やらドラゴンやら魔王やら、やたらと強大な存在と闘う。彼が殺すのは、ドラゴンではなく、魔王ではなく、ただのゴブリン。彼はゴブリンを殺す。それだけ。『 俺は世界は救わない。ゴブリンを殺すだけだ 』

  • 4.00

    私は好きですよ!

    匿メイ子

    今期で1番お気に入りです。ダークファンタジーが好きなのもありますが、その中でも色んな要素があってとても好きです。低評価が多いですが、私は好きですよ。「ゴブリンなら村に来たのを追い払った事がある」「アイツらは弱い」と、経験値稼ぎ、小遣い稼ぎで気軽に出掛けてしまう冒険者。しかし、彼らが自分の村で相手していたのは落ち延びた残党。数もいないし恐らく武器も知恵もなく、命からがら食料等を求めてやってきた「弱い」奴ら。だから冒険者達はそれらを倒して自信を付け、ゴブリン退治に行ってしまう。だが、「奴らは馬鹿だが間抜けではない」。ゴブリンスレイヤーは、奴らが集団で以て初めて本当の力を発揮し、本当は村を壊滅されられる程の脅威を持つ存在だと言う事を知っています。生き延びで知恵を付け、ゴブリンスレイヤー達はどうすれば効率的に人間を襲えるのか学んでいきます。「奴らは馬鹿だが間抜けではない」ので、恐らく襲う村は、大きな街から離れた、名も知れぬ村なのでしょう。だから街の人々はゴブリンの本当の脅威を知らないし、残党しか相手にした事のない冒険者達は軽い気持ちで巣に乗り込んでしまう。ゴブリンスレイヤーの台詞で「俺は、奴らにとってのゴブリンだ」と言う台詞がありますね。私はこの台詞が特に好きです。結局、ゴブリンだって生きる為に人間を襲うのだから、家畜を殺し命を繋ぐ人間と何ら変わりはなく。違うのは、理性があるかないかでしょうか?突然何の前触れもなく人間の村を襲い、家畜を奪い人を殺し、女性何かは嬲りものにされ玩具にされ、挙句殺され。ゴブリンにとっては、これが生きる上で普通のこと。種族が違えば常識も違うから。自分の姉を目の前で玩具にされたゴブリンスレイヤーは、そんなゴブリン達を駆逐する事を誓います。普通に生きているゴブリン達の巣を突然壊し、奴らを殺して回るのだから、ゴブリンにとってゴブリンスレイヤーは、人間にとってのゴブリンと同じであると。「意味がよくわからない」と言うレビューを見掛けますが、私は自分なりに考察をして楽しんでいるつもりです。たまにコミカルな描写があるのもいいですね。女神官ちゃんは本当に可愛いです。大きいのとちっちゃいののコンビは、とても心躍りますよね。何が伝えたいかって言うと、私は好きです。ってこと。(最初に戻る)観てみてよくわからないならそれでもいいと思いますよ。だって私だって、有名なアニメでも、よく理解出来ない良作とかいっぱいありますもん。要は好みですよね。

  • 2.00

    ややあざとすぎるか…

    こたろう

    一話だけ無料で観て、面白そうな内容なら続けてお金を払って観ようと思ったが、そうは思えない内容だった。個人的にはダークファンタジーの世界観は好みだし、人の命も魔物の命もあっけなく散っていくのも徹底されていて悪くないと思う。ただ、やはり女武闘家の凌辱シーンは必要だったのかと思う。これが鑑賞制限のあるR15+などなら文句はない。この後もきっと、捕らえられた村娘も敗れた女冒険家も例外なく凌辱され殺され、無残に散っていくだろうから、それが世界観というのなら倫理的な問題は別として作品の世界観としてアリだと思う。しかしこれは全年齢対象なのだ。この先も同じような悲惨な出来事が繰り返されるとは思えない。最初にゴブリンの恐ろしさを表現する為とは言え、そのシーンが必要だったかは疑問が残る。こうした中途半端な世界観は好きになれない。敗北した女冒険者が凌辱されることに興奮を覚える一部のファン層に訴えかけるあざといシーンにしかなっていない。別に凌辱や惨殺がなくともゴブリンの恐ろしさを伝えることはできた。直接的な表現にしたのは、脚本力が顕著に不足しているか、そうした一部のファン層へのアピールに過ぎない。繰り返すが、これがR18やR15+の作品で徹底した残酷なダークファンタジーの世界観を描ける条件なら一話の惨殺も凌辱も作品の世界観として僕は全く問題だとは思わない。しかしそうでないなら、あれはあざとさばかりが目につくシーンで、あのシーンがあったからこそ2話以降を観ようという気にはならなかった。

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル スカートスーツ上下 希少 黒入荷!

  1. ホーム
  2. スカートスーツ上下
  3. 新品未使用☆ブラックギャラリー ノーカラー&リボンティアードワンピのアンサンブル

トライク&サイドカー

店内に入っていただいてすぐ、ショールーム1Fにトライクを展示しています。
「トライクを実際に見てみたいけど、たくさん展示車があるお店が見つからない!」というご要望にお応えいたします。
展示台数は60台以上ございます。ゴールドウィング、V-MAX、ハーレーといった大排気量トライクから、250ccアメリカンやスクーター、ウラル製サイドカーまで豊富に取り揃えております。
メインで取り扱うGL1800トライクは、本物を望まれるお客様にご納得いただけるクオリティの高さを体感していただけるはずです。
ご来店頂いたタイミングが良ければ、色々なカスタムをされているお預かり中のトライクをご覧いただけることもあると思います。
全国規模で販売実績ございますので、興味をお持ちの方は是非お問い合わせください。

【未使用】 超美品 レリアン Leilian スカートスーツ サイズ9  美品 英国王室御用達 ハーディエイミス 濃紺 フォーマル 高級 卒業式 入学式

アプリリア・モトグッツィ

アプリリア・モトグッツィの展示コーナーはショールーム2Fにあります。
アプリリアはヨーロッパで唯一、大排気量スポーツから小排気量スクーターまで意欲的に開発している総合オートバイメーカーであり、 モトグッツィと共にピアジオグループとなり、京都・滋賀・奈良地区の正規ディーラーとして新車・中古車・4スト・2スト、幅広い展示ラインナップでお待ちしております。

セレモニースーツ ワンピース  C060/美品 GIVENCHY セットアップ 1Bスーツ シルク混 13

国産4メーカー

ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国産4メーカーももちろんお取り扱いしております。
新車、中古車、逆輸入車はショールーム3Fに展示しております。
ビッグスクーター、アメリカン、オフロード、スーパースポーツ、リーズナブルな車両からオリジナリティ溢れるカスタム車両まで店頭在庫400台を超える品揃えでお待ちしております。

グレースコンチネンタルスーツ

ハーレー・その他外車メーカー

アプリリア、モトグッツィ以外の輸入車も豊富にラインナップしております。
特にハーレー、BMW、ビューエル、ドゥカティ、トライアンフの中古車はワンフロアを埋めるほどの150台近い在庫・展示台数ですので、その中からお気に入りの車両をお選びください。
工場には上記メーカーに対応するECU(車載コンピュータ)診断機を各種設置していますので「ディーラーじゃないと不安・・」という心配はいりません!安心してお選びください。

Charles entieres レディーススーツ上下 パープル系

ファクトリー

お客様の車両をお預かりする工場では、何時いかなる時も整理整頓をモットーに丁寧な作業を心掛けております。
トライクが積載可能な専用リフトや各種コンピュータ診断機も備えております。トライアンフ、アプリリア、ドゥカティ、BMW、ハーレーをはじめとして世界の30メーカー以上のオートバイが診断可能です。
スクーターからロードスポーツまで豊富なラインナップのタイヤを常時在庫しており、MOTUL・NUTECといった高性能エンジンオイル、ケミカル類もございます。
また、既製品で対応できない場合などは、ワンオフパーツの製作も承ります。
陸運局整備認証工場として、お客様のご期待に添えるよう準備しております。

ACCESS

アクセス

  • 住所〒612-8462
    京都市伏見区中島秋ノ山町111
  • TEL075-612-2288
  • FAX075-621-8899
  • 営業時間10:00 - 18:00
    ※夏季は延長営業
  • 定休日火曜日
    ※夏季・年末年始休業あり
    5月3,4,5日臨時休業